【骨盤は大事】産後にぜひ骨盤矯正を

みなさん知っていますか?

正常な人の骨盤は逆三角形のきれいなハート形をしています。

e89f9a940a56f7bcd4506ae6f7c9496c_m

出産などを経験すると人によってさまざまな形に変化します。そのゆがみが上半身へ続く背骨や下半身の大腿骨へと伝わり、最後には全身のゆがみにつながることもあります。

女性の骨盤は出産の関係上、男性の骨盤に比べて幅広で開きやすくなっているため、男性よりもゆがみやすい傾向があるんですね。

骨盤とはつまり?

images-2 仙腸関節の図2

画像を見てもわかるように、腰椎から続く逆三角形をした骨が「仙骨」。その両脇にあるチョウの羽のような形の「腸骨」と、そこに続く「座骨」と「恥骨」をまとめて「寛骨」と呼びます。そして、仙骨の先端に出ているのが「尾骨」。この3つをまとめて「骨盤」と言います。

出産後のケアはできる範囲で

出産後の場合、1ヶ月健診で経過順調ならば、そろそろ骨盤矯正のための時間を作り出す工夫をすると良いですね。

でもお子さんの面倒を見たりと忙しいママさんたち。教室に通う時間がない方も多いです。そういった時間を取ることが難しそうなら、お家でできる簡単な骨盤体操(参考:こそだてハックさん)を実行してみるのも良いでしょう。無理なくやることが重要ですよ。

kotubantaisoi1a

出産前よりも正常に

もともと骨盤が緩みがちなどと診断を受けたことのあった方は、特に骨盤ケアをすることによって産前の状態よりも良くなることを目指しましょう。骨盤体操は産後だけでなく、普段から行うことで歪みを予防することができます。

ストレス解消にももってこいの運動。ぜひ、骨盤体操でより健康な体になりましょう。

b38e4719cff966a741a9e6b795a49af6_l

Twitterでフォロー